So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

SHINHWA 3月カムバック [SHINHWA 3月カムバック]


デビュー15周年を迎えたSHINHWA(神話)が3月にカムバックする。

SHINHWAカンパニーは

「SHINHWAが今年3月、デビュー15周年を記念して活動を再開する」と明らかにした。

デビュー15周年を迎えて再び歌謡界にカムバックするSHINHWAは

SHINHWAカンパニーの運営にも本格的に乗り出す。

2011年に創立されたSHINHWAカンパニーは

SHINHWAのメンバー6人各自が出資した会社であるだけに

今年からはメンバーが代表兼株主として実質的な会社経営や

SHINHWAに関連する全ての運営に関わっていく予定。

SHINHWAカンパニー側は「SHINHWAとしての全ての活動は

今後SHINHWAカンパニーを通して行われる予定」と明らかにした。

SHINHWAは昨年に続いて今年もアジアツアーを計画しているとして期待を集めている。

SHINHWA側は「メンバーがアジアツアーについて悩んでいる」とし

「今後の活動に期待してほしい」とコメントした。

SHINHWAはデビュー15周年を迎える3月、ソウルコンサートを皮切りに

アジアツアーなど大規模なプロモーションに突入する。

(innolife.net記事引用)
















東方神起 初ワールドツアー [東方神起 初ワールドツアー]


東方神起、ワールドツアー快調スタート…香港1万人殺到!

グループ東方神起が初めてのワールドツアーの初演地である香港を熱くした。

マネージメント社SMエンターテインメントによると

東方神起が19日午後8時(現地時間)、香港・アジアワールドアリーナで行った

「TVXQ! LIVE WORLD TOUR“CATCH ME”in HONG KONG」に1万人が殺到した。

東方神起は『CATCH ME』、『Humanoids』など

ニューアルバムの収録曲と『Why?~Keep Your Head Down』『呪文-MIROTIC』

『Rising Sun』などのヒット曲、ユンホの『Honey Funny Bunny』とチャンミンの

『聴海』など、ソロ曲まで全26曲をプレゼントした。

ファンは公演ずっと東方神起を象徴するパールレッドのペンライトで公演会場を赤く染めた。

歌を一緒に歌って韓国語の応援法も完ぺきにこなした。

コンサートに先立ち午後5時に行った記者会見には東方神起を取材するために

明報、東方日報、 蘋果日報、TVB、iケーブルなど現地メディアが多数参加した。

一方、東方神起はアジア各地をはじめ、世界へとワールドツアーを継続する。

同時に4月27日のさいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)を皮切りに

東京ドーム、大阪京セラドーム、福岡ヤフージャパンドーム

札幌ドーム、名古屋ドームなどの地を回る日本5大ドームツアーを繰り広げる。

                       (innolife.net記事引用)
















the jyj マガジン [the jyj マガジン]


JYJ、誕生から1000日を記録したマガジン日韓同時発売!

グループ{JYJ}の1000日間を記録したマガジン『The JYJ』が

2月初旬に日本と韓国で同時発売される。

CJeSエンターテインメントは、「JYJの誕生1000日を記念したインタビューマガジン

『The JYJ』の創刊号を日韓で同時に売り出す。

雑誌は、JYJ誕生後に叶ったワールドワイドな英語版アルバムをはじめ

ワールドツアー、各ソロ活動で活躍したミュージカル

ドラマの記録を時系列に記している」と明らかにした。

2012年11月に前所属事務所SMエンターテインメントと和解し

続いて先週日本エージェンシーエイベックスとの訴訟でも勝訴をおさめ

すべての法的紛争が終結した状況での発表となるため、意味深い雑誌となる見込みだ。

『The JYJ』は、各メンバーの総25時間にわたったインタビューを通して

記録された全139ページで、創刊号特集DVDが一緒に収められている。

メンバーは、インタビューで2009年の大変だった時期や力になってくれた

人々のことを話しながら時に目頭を赤くしたりした。

JYJは「1000日を振り返り、大変な仕事も多かったが心から幸せだったと言える。

予想もしない試練もあったが、その分成長し、多くのことを学ぶことができた。

寝てもさめても毎日毎日幸福を感じていた1000日分の話を

ファンと分かち合いたい」と雑誌発売の所感を伝えた。

JYJの特別なインタビューマガジン『The JYJ-創刊号1000日の記録』は

2月初旬に日本と韓国で同時発売され、CJeSストアで購入することができる。

                   (innolife.net記事引用)




↓のショップで予約販売開始されています。









前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。